食事療法で改善|高血圧の原因と治療法を伝授

料理

塩分を抑えて血流改善

couple

なぜ改善が必要なのか

血圧は、心臓が全身に送り出しています。そのとき、血管の中を流れる血液の圧力が大きくなるのが高血圧です。あまり自覚症状がない場合も多いようです。しかし放置して動脈硬化になると、脳や心臓などの病気にもつながりかねません。原因は、肥満・ストレス・喫煙などのほか、食事での食塩の摂りすぎになります。そのため、食事療法が大切です。運動療法や薬物療法と併用すれば、より効果が得られるでしょう。対策として、醤油・ソースなどの使い過ぎは控えるべきです。干物や漬物、佃煮も塩分が多く含まれます。濃い味が好きな人は、うす味に慣れましょう。麺料理などのスープは残します。そして、糖分や脂分などの摂りすぎも注意です。肥満になりやすい食材は少なめに抑えましょう。

効果のある食材

規則正しい生活も大事です。3食、栄養バランスのとれたメニューを心がけます。血圧を下げる食材はどれか、知っておくことも大事です。うす味の和食で、満腹になるまで食べ過ぎないこともポイントです。野菜は大根・人参・レンコンなど、根菜や緑黄色野菜が理想です。料理に必ず入れましょう。キノコは食物繊維が豊富です。血圧を下げるのはマイタケで、カロリーの低い乾燥タイプもあります。また、豆類も同様の効果があります。海藻類も欠かせません。悪玉コレステロールの酸化を防いで、ナトリウムを体外に出してくれます。その他、果物はバナナやプルーンなどが有効です。肉は鳥ささみやヒレ、魚は秋刀魚や鯵が血圧を下げてくれます。塩分を減らした分、料理にお酢を少々加えましょう。お酢は高血圧や糖尿病に良く、疲労回復できるクエン酸も含まれます。ちなみにアルコールは、飲酒直後は血圧を下げるのですが、飲みすぎると逆効果です。どうしても飲みたい場合は、病院で尋ねてみましょう。こういった食事を習慣化すれば、薬なしで血圧を下げることも可能です。外食するよりも、食事を手作りしてみましょう。