食事療法で改善|高血圧の原因と治療法を伝授

料理

血圧を測って健康に

couple

高血圧は生活習慣病の一つであり、その患者数は日本でも非常に多くなっています。高血圧はサイレント・キラーとも言われ、自覚症状はあまりありませんが、放っておくと症状は静かに進行し、血管に障害を与えてしまいます。高血圧から動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こすことが分かっていますので、血圧が高いということが分かったら、早めに生活習慣の改善や治療をすることが大事です。生活習慣の改善については、ウォーキングなどの軽い運動をすること、体重を減らすこと、過度の飲酒を控えること、たばこを止めること、ストレスを溜めないことなど色々ありますが、中でも塩分を控えるなどの食生活の改善は重要です。

高血圧の改善方法の一つとして、塩分制限があります。塩分を摂取すると身体に水分を溜めこみやすくなり、血液量が増えるため、結果として血圧が高くなるからです。塩分を減らす方法としては、減塩の味噌や醤油を使うこと、単純に調理に使う塩を減らすこと、麺類のつゆを残すことなど色々あります。しかし、塩分は美味しいと感じる味覚のポイントでもあり、単純に減らしてしまうと食事を美味しいと感じにくい場合があります。また、塩分の計算が難しかったり、気付かない内に摂取してしまうこともあります。そのような場合に人気があるのが、宅配などの減塩食です。宅配食では、栄養士が塩分量を計算して作っているため、塩分を摂り過ぎることがありません。また、だしなどを使って味にも工夫をしているので、美味しくないという悩みにも対応しており、人気があります。