食事療法で改善|高血圧の原因と治療法を伝授

和食

腎臓に優しい食生活

和食

腎臓病の食事はたんぱく質や塩分を制限されるので味気ないものになりがちです。しかし、食材の切り方を変えるなど少しの工夫で満足感のあるものにすることができます。甘いお菓子もすべて禁止というわけではないので、上手に取り入れてストレスの少ない食生活を送りましょう。

Read More...

塩分を抑えて血流改善

couple

高血圧になる原因は、肥満・ストレス・喫煙と、食塩の多い食事です。血圧を下げるためには、食事療法が大事になります。どの食材が血圧を下げてくれるのかをよく知ることが大事です。運動療法や薬療法と併用して、生活習慣から変えていきましょう。

Read More...

血圧と食事の関係

doctor

サポートが整うでしょう

現在、生活習慣病の一つである高血圧に悩む方が増えています。高血圧は、一般的に普段の食生活が大きな影響を与えていると考えられており、一定の食事療法が必要です。多くの場合には、塩分の過剰摂取を控えることが推奨されます。食品それぞれに含まれる塩分量を計算することで、ある程度普段の食事の中でも食事療法を行なうことが可能です。罹患者の増加を受けて、最近では高血圧の食事療法を専門に担当するスタッフの養成が始められています。看護師や栄養士などが中心となり、高血圧の食事療法をサポートする態勢が徐々に整えられつつあるのが昨今の状況です。塩分を制限した療養食も登場しています。医療機関でも高血圧の食事についてはこれまでも一定の試みを行ってきました。今後はさらに本腰を入れた対策が講じられていくと考えられます。

塩分が血圧を上げます

高血圧の食事療法で塩分が制限されるのには理由があります。塩分を過剰に摂取すると、血液成分のバランスが少なからず崩れるのが常です。そのため、濃度を調整するためにより多量の水分が血管内に取りこまれます。この結果、体内を流れる血液の量が増えて血圧が上がる仕組みです。高血圧になることで、少なからず血管にも大きな力が加わります。動脈硬化が起きている場合には、もろくなった血管がこういった高血圧によってさらに壊れやすくなることが問題です。従って、高血圧のある方は食事に特に気を配ることが必要となります。医療機関のサポートや市販の療養食などを利用することが一つの有効な方法です。最近では家庭でも高血圧の食事療法がより楽に実施出来ます。

血圧を測って健康に

couple

日本では高血圧の患者が多く、放置すると重篤な疾患を引き起こす可能性があるため、生活習慣の改善や治療が必要です。塩分制限も高血圧を改善する一つの方法ですが、自分で行うのは難しいこともあり、宅配での減塩食が人気です。

Read More...